メニュー表示・非表示の切り替えボタン
ページトップ背景画像

情報処理
data processing

情報処理の流れ
data processing flow

  • STEP1
    [ヒアリング]

    ご要望のデータ作成方法をお伺いします。
    または、使用目的に合った提案をします。

  • STEP2
    [内容・仕様提案]

    データ作成方法、ルール確認、納品データ形式、お見積もり、スケジューリングなど、全体的な提案を行います。

  • STEP3
    [素材・原稿準備]

    承認いただいた内容で手書き原稿、データ化されていない印刷物などの原稿をご準備いただきます。

  • STEP4
    [データ作成]

    原稿を基にデータ作成し、CDやHDDなどで納品します。印刷は行いませんが、ご要望があればもちろん対応可能です。

印刷データ作成技術を
一般データ作成へ応用。
application of the data creation technology

きちんとした印刷データ作成には幅広い知識と技術が必要です。
これらは、印刷物だけでなく一般的なオフィス系のデータ作成にも応用できる技術になっています。
印刷に至らない場合でも、「資料作成」や「報告書作成」、「データ入力作業」などもお任せください。

情報処理/業務事例一覧

データ化のメリット
advantage of paperless

  • 検索性の向上、情報の共有化。
  • コスト低減。
  • 省スペース化。
  • 劣化しない。
  • 万が一の災害対策。

データ化の改善事例
improvement case of paperless

  • 紙代・トナー代・FAX代の削減。
  • 書類「整理」時間の削減。
  • 書類「捜索」時間の削減。
  • データ再利用による作業時間削減。
  • テンプレート化による作業負担減。